So-net無料ブログ作成

作新学院小学部60年の歴史 《記録から追う60年の軌跡 その2》 [その他]

【第2回 1964(昭和39)年~1973(昭和48)年】

 1964(昭和39)年,10周年を迎えた頃の小学部の校舎は3棟に分かれていたが,女子部(高校)の新校舎落成に伴い,6教室続きの旧教棟が小学部に与えられることになった。1967(昭和42)年の新学期より,新校舎が建設され,現在の第1校舎に移転。当時は小学部が1階と2階の西半分を使用し,中等部が2階の東半分を使用,そして3階には女子部の美術室と音楽室ができ,小・中・高の児童生徒が行き交うにぎやかな校舎となった。
 小学部創設後まもなく指導を始めたものに日記がある。今日のように全学年が毎日取り組むようになったのは,1957(昭和32)年ごろからであった。1972(昭和47)年に院長になった船田譲は,始業式や終業式などの折に触れて日記を書くこと,読書をすることの大切さを説いた。
 1968(昭和43)年には高等部の女子寮(現在の給食室付近)が完成したのに伴い,1階給食室を使っての本格的な学校給食が開始され,親子給食会などの行事も行えるようになった。毎日,昼食時に女子寮の給食室に出かけるのは,児童にとっていい気分転換にもなったという。
 同年,義務教育一貫の指導研究を進めるため,小・中教育を同一管理下にまとめ,小学部・中等部の児童生徒は同一行動をとるようになった。教員にとっては専門教科の研究上よい刺激を受け,児童にとっては上級生が増え,ものの見方・考え方にもよい影響を受けることになった。
(作新学院小学部50周年記念誌・作新学院100年誌・作新学院110年誌より)

【1964(昭和39)年 教室風景】
s39-1.jpg

【1964(昭和39)年 校舎移転】
s39-5.jpg

【1966(昭和41)年 運動会】
s41-1.jpg

【1968(昭和43)年 聖話の時間】
s43-1.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます